ひやおろし

春・夏と季節を越えて、より旨味をまし艶やかに。

冬に瓶詰され9月の出荷の時期を迎えるまでじっくりと熟成することにより、味にまとまりが出てきて一番の飲み頃を迎える。ひやおろしは宮城B酵母で果実を思わせるような味わいに仕上がっています。残暑の時期に、冷やしたひやおろしと秋の味覚で一杯。この時期だけの楽しみが待っています。

愛国

明治の三大品種の一つ「愛国」。地元村田町の契約農家に種もみから少しづつ増やし仕込めるまで量を増やしていたった。思い入れの強いお米。愛国の野趣あふれる味わいは、冷酒・常温・燗酒と幅広い温度で様々な表情を見せてくれる。その味には、スペックだけでは語れない幅と深みがある。

純米吟醸 鈴風

幻の食用米ササシグレで醸した夏の風鈴の音で涼を感じれるようにと名付けられた夏のお酒『鈴風』。個性際立つ爽やかな酸味と優しい旨味は、夏の暑さを忘れさせてくれる。縁側で夏野菜をおつまみに昼からゆるりと飲みたくなる、そんなイメージで造られた商品です。

しぼりたて特別本醸造

宮城県産ササニシキを使用した特別本醸造。新酒らしいフレッシュな果実の香りと無濾過生ならではの味わいは、本醸造のイメージを変えるはず。冬の酒蔵でじっくり醸し出された味わいが楽しめます。

純米うすにごり

ササニシキの新米が蔵に届き、1番最初に仕込むのが純米うすにごり。搾ったばかりの瑞々しい新酒を口にしたとき、宮城県産ササニシキの美味しさがストレートに伝わると感じて造られた。冬の時期にだけ会える酒…純米うすにごりで乾坤一の新しいBYが始まる。